ぎゃるる使い方は簡単!サクラじゃないけどセクキャバのお客さん探しに利用

標準

最初は、まわりからの勧めでした。最近流行ってるよ。面白いよ。と誘われ、私も出会い系アプリ『ぎゃるる』を使い始めました。

近くの人から順に表示してくれる仕組みで、登録画像が一覧に並ぶので、気になった人(画像)を触ると、プロフィールやメッセージのやり取りが出来る様になっていました。

私は、セクキャバで働いていたので、お店に来てくれるお客さんを探す為に利用していました。

お店の中でアプリを起動させると、お店の中の半分くらいの女の子が登録しており、私が表示されると、ギャルルやってるんですね!!と声をかけてきた子もいました。

その中でも、目的通りにお会い出来る方は、正直楽でした。
出勤前に一緒にご飯に行き、そのままお店に一緒に行き、楽しくお酒を飲むことを目的としていたので、理解して連絡してくれる方は、とてもいいは人だなと感じました。

セクキャバとゆう事もあり、簡単にSEX出来ると思われがちだったのが、残念な所でした。
理解した振りをしながら、結局ホテルやSEXに持ち込もうとする人、私はお店に来てくれるお客さんを探していたので、そうゆう方に会うと残念な気持ちになってしまいました。

また友人が登録していたり、知人が登録していると、近くにいる時は表示されるので、便利?なのかなっ?私は、バレたくない時は、困るなと思っていました。
でもそうゆうバレたくない人の為に、自分のプロフィールを非表示してくれるシステムがあるので、仕事の時など以外は私は、プロフィールをオフにしていました。

男性は分かりませんが、女性は丸1日そのままにしておくと、30件以上のメッセージが来る事があったので、私は通知すらオフにし時間がある時にゆっくり見るようにしていました。

ギャルルで知り合って、遊んだや付き合ったなんて話もまわりから聞いたりしていたので、さくらの少ない現実味がある無料出合い系アプリなのかなっ?と思っています。

流行ってるいるエリアによって、使い勝手が良かったり、悪かったりするアプリだと思います。登録している人が少ないエリアでは、厳しいアプリだと思いました。一覧をどこまでも見て行くと、県外の人物まで見れたりするので、飽きずに使えたり人の輪が広がったりすると思います。私にも県外の人からメッセージが実際来たことがあるので、皆さんアプリをじっくり見ているんだと思います。

出会い系アプリも沢山ありますが、自分に合った仕組のものや利用者が多い物を利用するのが一番なんだなと思いました。

最近イマドキ出会い系サイトで遊ぶ後輩の話を聞きましたが、怪しい人などが増えていたり、人が全然いなかったりと不便を感じるみたいです。

これが私の最近出会い系アプリを使った理由と感想になります。

お店で出会った彼と結婚そして妊娠中の今もセックスは2回アブノーマルセックスはおあずけ

標準

次の日、彼に会うと海までドライブした後、夜の海で告白された。

アブノーマルが大好きだったけど、アブノーマルじゃなくても、一緒にいられる人が出来ました。私が彼の乳首を弄ったりすると、チ〇チ〇が立つから、私がそのまま咥えたり…私の変態は変わりませんが、私に馬乗りになって口の中を犯されたり、何回戦でも付き合ってくれたりと、私の性癖に少なからず合っていたのだと思いました。

まだ昔の激しいアブノーマルなプレイを今でもしたくなったりして、1人自性行為をする時もありますが、今は彼を攻めて彼が喘いでくれるのが嬉しい自分を見ると、ドMはドSに転身出来るのかも知れないと思いました(笑)

今は、風俗業界からも足を洗いアブノーマルな生活からは、かけ離れていますが、過去にアブノーマルな体験をしてしまったので、いまでもアブノーマルに興味があるんだと思います。

あるお客さんに言われた事があります。「普通の快楽が50で、それ以上の快楽で100を知ってしまったら、また100を知りたくなるんだよ。」私がアブノーマルに今でも興味があるのは、そうゆう事だと思います。

彼と結婚し今妊娠中ですが、毎日彼とは2回SEXしてます。寝る前と起きてからと日課の様に、私のこんな性癖に付き合ってくれる人といれて、私は幸せだと思います。

以上…私がアブノーマルに興味を持った理由でした。

店外デートしたお客さんに犯されたい!私はセフレ?

標準

ホテルに行き、部屋に入るとシャワーも浴びずに、ベットに押し倒されました。
あの時と同じで、ノーマルなSEXなのに興奮が止まりませんでした。気が付くと、もっともっととねだっていました。

ひと段落してから、私が聞きたかった事がありました。

私「あの日どうして、中出ししたの?」

高橋「お前をどうしても、俺のものにしたいと思ったのと、お前を犯したいと思ったんだよね。」

その言葉を言われた時に、またM心が動いてしまいました。この人に犯されていたい。そう思った時に、この人と付き合えたらと思いました。

でも自分から付き合って欲しいなんて、言ったことなかったので、この人の様子をしばらく見ようと思いました。

それから何度か食事やドライブに出かけました。最後はいつも車の中でイチャイチャした後にホテルに行くとゆうのが、お決まりのコースになってました。

私が風俗嬢だから、都合のいいセフレ感覚なのかなっ?子供がいる事を話しても、「シングルマザーが恋愛しちゃいけない何て決まりないでしょ?」と私に言ったので、気にしてないものだと思っていました。

いつまでも中途半端な関係を続ける事は、過去を思い出すと何かを手放す事になると、思い彼に思い切ってメールで聞いて見ました。

私『私ってセフレ?』

高橋『彼女一択!!』

私『じゃぁ、きちんとしたお言葉をお待ちしています。』

このメールのやり取りの次の日、会う事になった。