店外デートしたお客さんに犯されたい!私はセフレ?

標準

ホテルに行き、部屋に入るとシャワーも浴びずに、ベットに押し倒されました。
あの時と同じで、ノーマルなSEXなのに興奮が止まりませんでした。気が付くと、もっともっととねだっていました。

ひと段落してから、私が聞きたかった事がありました。

私「あの日どうして、中出ししたの?」

高橋「お前をどうしても、俺のものにしたいと思ったのと、お前を犯したいと思ったんだよね。」

その言葉を言われた時に、またM心が動いてしまいました。この人に犯されていたい。そう思った時に、この人と付き合えたらと思いました。

でも自分から付き合って欲しいなんて、言ったことなかったので、この人の様子をしばらく見ようと思いました。

それから何度か食事やドライブに出かけました。最後はいつも車の中でイチャイチャした後にホテルに行くとゆうのが、お決まりのコースになってました。

私が風俗嬢だから、都合のいいセフレ感覚なのかなっ?子供がいる事を話しても、「シングルマザーが恋愛しちゃいけない何て決まりないでしょ?」と私に言ったので、気にしてないものだと思っていました。

いつまでも中途半端な関係を続ける事は、過去を思い出すと何かを手放す事になると、思い彼に思い切ってメールで聞いて見ました。

私『私ってセフレ?』

高橋『彼女一択!!』

私『じゃぁ、きちんとしたお言葉をお待ちしています。』

このメールのやり取りの次の日、会う事になった。