SMのお店で中出しされたお客さんとの店外デート!そしてホテルへ

標準

連絡先を交換したお客さん、高橋さん(仮名)から何度もメールが来ましたが、深く興味をもてずメールも大して返信せず、食事の誘いも何度かドタキャンしてしまい、それでもめげずにメールをくれていました。

さすがの私も罪悪感に襲われ、お仕事終わりに食事に誘いました。たまたまお休みだったらしく、その日ご飯に行く事になりました。

私「なかなかお誘いをお受けできず、ごめんなさい。」

高橋「今日こうして、会えたのだから問題ないよ。」

とても優しい方でした。
年齢も私の1つ上と親近感が湧き、楽しく食事をしました。
帰りは、駅で待ち合わせしたので、駅で降ろして貰おうと思っていたのですが、自宅まで送るよ。
と言っていただき、正直電車で1時間かかる距離だったので、助かりました。
帰りの道も会話が途絶える事がありませんでした。

高橋「まだ話していたいんだけど、どこか車が止めれる所ないかなっ?」私も同じ気持ちだったので、近所の公園の駐車場に車を止め話していました。

高橋「ねぇ、キスしたい…」

私「いいよっ?」その返事をした後、少しの期待を持ちながら、ここにいた自分に気が付きました。

キスだけでは、おさまらず胸を揉まれ、乳首を弄られ出すと夜の車内とゆう事もあり、興奮して来てしまいました。

高橋「ここら辺詳しくないんだけど、近くにホテルある?」

私「あるよ?」

高橋「ここじゃ嫌だから、行かない?」

私「うん。いいよっ。」

あの時の感覚をもう1度味わいたいと思い、誘いにのりました。